ハイプロンをインターネット通販で購入できる個人輸入とは

10月 25, 2019

ハイプロンの購入はこちら
男性のイメージ ハイプロンはインターネット通販で購入することができます。

しかし、そのときに利用するのは楽天やアマゾンといった誰でも知っているような大手の通販サイトではありません。

もっといえば、このような通販サイトではハイプロンの購入はできません。

なぜ購入できないのかというと、それはハイプロンが医師の許可なしで販売ができない医薬品に分類されているからです。

そのためインターネットでハイプロンを購入するときは、海外の販売サイトから個人輸入で医薬品を購入します。

個人輸入の活用で起こる面倒なこととは?

個人輸入なら、ほしい時に海外から医薬品をいつでも購入できるのです。

しかし、個人輸入には避けられない面倒なことが2つあります。

1つめは「言語の違い」になります。

海外のお店から商品を輸入して購入するわけですから、何か連絡をするときは外国語で行う必要があります。

また、医薬品の販売サイトを運営している会社がある国も様々です。

英語のような世界共通語だけではありません。

多くの言語をある程度理解しておかないと、お店に要望があっても伝えることができません。

販売サイトへの連絡がうまくいかないと注文した商品と全く違うものが届いたり、発送自体がされていないなどのトラブルを起こしてしまう可能性があります。

2つめは「関税」です。

海外から商品を購入すれば、もちろん関税が発生します。

個人輸入で医薬品を購入すると、発生する関税も自分で計算して払わないといけません。

今後、個人輸入で医薬品を購入しようと思っているのならこの2つはどうしても避けることができません。

何回も個人輸入で商品を購入した経験があれば問題ありませんが、全くの未経験だと素直に個人輸入代行サイトを利用したほうが確実だと思います。

個人輸入代行サイトは面倒なことを全て担ってくれるので、言語や関税を気にする必要がありません。

個人輸入で購入することのメリット

通販を利用する女性個人輸入は面倒なことがありますが、悪いことばかりではありません。

個人輸入だからこそできる、メリットもあります。

まず、商品の値段が非常に安いことです。

同じ医薬品でも、日本だと数千円以上するものが海外では数百円前後で売られていることも珍しくありません。

商品の値段が安いと、まとめ買いなども非常にしやすいといえます。

また、日本では購入ができないような商品を購入できるのも大きなメリットです。

医薬品はもちろん、海外にしかない食品やアパレル、家具や書籍なども購入できます。

医薬品は好きなだけ購入することはできません

海外からハイプロンなどの医薬品を購入するときに、気をつけたいのは購入する医薬品の量になります。

医薬品を複数購入することは可能ですが、その際に購入できる量には制限があります。

健康的問題を理由に、医薬品は一回の購入で最大24個までの購入しかできません。

ハイプロンのような錠剤タイプの医薬品だと、2ヶ月分より多く購入することができません。

また、購入する量が規制されているのは医薬品だけではありません。

化粧品や健康食品、マッサージ機器や医療機器も同じように量が規制されています。

数年以上は購入しなくてもいいくらいの量が欲しかった人には残念ですが、こればかりは仕方ありません。

計画を立てて欲しいものを購入しましょう

ハイプロンのパッケージ紹介している個人輸入には、いろいろと面倒なことや制限があります。

でも、それらのルールを守ることで欲しいものが安く手軽に購入できるので便利なことには間違いありません。

インターネットが発展した現代だからこそできる、個人輸入は積極的に活用していくべきなのです。

欲しいものをしっかり探して、計画的に買い物をしていきたいですね。

ハイプロンの購入はこちら