正しいハイプロンの服用方法

どんな医薬品でも服用方法次第で効果が変わってきます。

少しでも効果を高めるためにも、ハイプロンの正しい服用方法を覚えておきましょう。

 

ハイプロンは入眠障害に効果的

眠りに就く女性睡眠薬にもいろいろな種類があり、それぞれで最適な不眠症害が異なります。

ハイプロンの場合は超短時間型の睡眠薬になりますので、入眠障害に悩む方に効果的です。

 

超短時間型の睡眠薬は、睡眠薬の中で血中濃度の半減期が最も短く、2~4時間ほどになります。

分かりやすくいうと、2~4時間で効果が徐々に消失していくということです。

そのため、服用したとしても寝ている間に効果が消え、翌日まで効果が残っているようなことはありません。

ハイプロンのような超短時間型の睡眠薬は、寝付きが悪い、慢性的でないものの時々不眠を感じる、昼夜逆転の生活をしているといった方に適しています。

 

 

ハイプロンの正しい飲み方

水を飲む男性1日1回、就寝前に1カプセル(10mg)を水やぬるま湯と一緒に服用してください。

 

ただし、高齢者や低体重の方は1カプセルで効果が強すぎる可能性があるため、半分の5mgにして服用してください。

 

服用後は30~60分ほどで効果が現れます。

ハイプロンの副作用として、一時的な記憶障害やめまい、ふらつきなどが生じる恐れがあるため、服用後は速やかに布団へ入ってください。

 

また、アルコールと併用すると副作用を増強させてしまう恐れがあるため、必ずアルコールとの併用は避けてください。

また、食後すぐの服用は効果が薄れてしまう恐れがあるため、なるべく食事は早めに済ませておいてください。

 

抗不安剤としても使える

ハイプロンは、服用すると緊張や不安を軽減させる働きがあります。

活性化されている脳を落ち着かせますので心身ともにリラックス効果が期待できます。そのため、睡眠薬としてだけでなく、抗不安剤としても利用できます。

 

抗不安剤として利用する際も、服用後30~60分ほどで効果が現れます。

大切なイベントがある、大勢の人前で話さなければならないといったシーンの前に服用しておけばリラックスした状態で挑めます。

ただし、ハイプロンによる眠気やめまいなどの症状が出てしまう恐れがあるため注意が必要です。

特に、効果が持続している2~4時間は車の運転や危険を伴う作業は避けるよう心がけてください。

 

適度にハイプロンに頼ろう

ハイプロンは依存性も副作用も少ない睡眠薬ということで、初心者には試しやすい特徴があります。

しかし、飲みやすい睡眠薬であっても服用するクセがついてしまえば体が慣れ、服用していても効果が感じられなくなってしまったり、服用がやめられなくなってしまう恐れがあります。

適度に薬に頼る分であれば問題ありませんが、なるべく頼らなくても良いように質の高い睡眠をとれる習慣を心がけましょう。

 

規則正しい生活

毎日決まった時間に目覚めることで大体時計が一定になり、夜になると自然に寝付けるようになります。

休日は寝だめを…という方も多いと思いますが、体内時計がずれてしまいますのでなるべく時間差は1~2時間に抑えておきましょう。

寝だめしたい場合には就寝時間を早めるほうが良いでしょう。

 

起きたら朝日を浴びて体内時計をリセット

朝起きたら、まずはカーテンを開けて朝日を浴びるようにしてください。

そうすることで脳が起きて体内時計もリセットされますので、これは夜眠るために大切な儀式と思ってください。

曇りや雨であっても多少光は入ってきますので、天気は問わずにカーテンを開けてください。

 

日中は適度な運動を

日中体を動かすことで生活リズムにメリハリが生まれ、心身ともに適度に疲労すれば自然に眠れるようになります。

過度の運動は逆に興奮状態になって眠れなくなる恐れがあるので、自分のちょうどいい運動量を見つけるようにしてください。

 

昼寝をするなら20分以内で

体内時計のリズムで午後2~4時の間は眠たくなります。その間に昼寝をする場合には、午後3時前後に20分以内で済ませましょう。

午後3時以降、20分以上寝てしまうと夜眠れなくなってしまう恐れがあります。

 

夕食は早め&軽め

夕食の時間が遅くなれば、その分消化活動が終わる時間も遅くなります。

消火活動が終わっていないタイミングで就寝しても内臓は消火活動をしているので内臓が休んでいる時間が短くなります。

そうなれば疲労感が完全に抜けない眠りが浅くなることも。

睡眠の質を高めるため にも、夕食は就寝3時間まえまでに済ませ、メニューも消化に良いものを選びましょう。

 

寝る前はリラックスタイムを

リラックスする女性快適な睡眠のためには就寝前のリラックスタイムを設けると良いでしょう。

照明は少し落としてヒーリングなどの音楽を聴いたり、読書をしたり、温かい飲み物を飲んだり…。

心身ともに休ませることで眠りに付きやすくなります。

また、〇時に寝なければ!と焦ってしまうと余計に眠れなくなってしまうので、あまり時間にこだわりすぎないようにしましょう。

 

寝室は快適な環境に

睡眠の質は五感が大きく関係しています。

寝るときは光が入らないように暗くする、テレビや雑音が入らないように静かにする、落ち着けるアロマの香りを備える、温度や湿度を調節するというように環境を整えることで、スムーズに眠れるようになります。

 

ハイプロン通販のまとめ

ハイプロンのパッケージ非ベンゾジアゼピン系睡眠薬であるソナタのジェネリック医薬品ハイプロン。

効果も短時間で発揮して消失するため、入眠障害に対して高い効果を発揮してくれます。

副作用なども少なく依存性も小さいため、入眠障害に悩む人が初めて飲む睡眠薬として適していると言えるでしょう。

 

ハイプロンの購入はこちら